転生したら幼女だった。

 

最近の休日の過ごし方と言えばHuluを駆使して

アニメや映画を観るため引きこもりをキメているスーパー陰キャなおぺれです。

今年のGWは10連休の企業さんも多いのではないでしょうか??

休みがいっぱいだけど何したらいいかわからないよぅ💦という方に

すーぱーおススメしたいアニメが

幼女戦記です。

どうせ可愛い萌えキャラ(死語)が闘うアニメなんでしょ!?!?!

なんて思う方もいらっしゃるのではないのかと思うのですが・・・

そんな甘っちょろいもんじゃなくて

あらすじとしましては

端的に言うと

超合理主義者なエリートサラリーマン(多分課長補佐とかそのくらいの役職付き)が

主人公なのですが

リストラした元社員に逆恨みされて、

駅のホームから突き飛ばされ、死亡するんですが、

そこで死後の世界の創造者である(ここら辺の設定がちょっとよくわかってない主)存在Xに

孤児の少女であるターニャ・デグレチャフとして別世界に転生させられてしまったのです。

現代の記憶も残っているターニャ(現代では中年サラリーマン)は転生後の世界でも

軍隊育成の士官学校に入学して

前世の記憶を活かすことで軍人としてのキャリアを積み、

後方勤務で順風満帆な人生を送ろうと目論むターニャでしたが

思惑は外れ、大戦の最前線に送り込まれ続けることとなる。

以下略・・・

現代でも転生後の世界でも、なかなか順風満帆にいかず、いばらの道を進みます。

ちなみに転生後の世界では結界がはれたり、魔法が使えたり、空を飛んだりもします。

ロリかわな萌えキャラ(死語)が魔法を使うのはテッパンですが

組織の中のプレイングマネージャーとして奮闘する

ターニャがとにかく可愛くてやばいです(語彙力

絶賛社会にもまれ中の

現代リーマンさんやOLさん、

研修が終わり、新たな勤務先に配属される新社会人さんや

就活中の学生さん

全ての働く人にピッタリの作品です😊

 

カテゴリー: 松本・塩尻・安曇野版 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です